挑戦

PRESIDENTE!!!1部昇格おめでとう!!!

Buenassss!!!!!!

今日はなんでも自分自身が体験することの重要性を改めて痛感した日でした。

色々あって、普段妻に任せてる食事をやる機会があったのですが久しぶりにやったらめちゃくちゃ大変でほんと感謝だなと思いました。

アルゼンチンで1人で生活してる時に自炊をしていたので大変さはわかっていたはずなのですが最近当たり前にご飯を食べていたなと反省しました。毎日のようにこれをしてる世界中の主婦の人たちにビックリスペクトが自然と生まれました。

頭ではわかっていることもいつしか当たり前のように感じてしまってることに気づくには人にしてもらうことを自分自身でまず体験してやってみることが本当に大事です。

自分が経験してないことは想像はできても本当の意味で理解することは不可能なので、色々な経験をすることは本当に大事で子どものときから凝り固まらずに好きなことも嫌いなこともプラスに感じることもマイナスに感じることも経験することは人としての器になるんだと思っています。

色々なことを経験してる人はどんな状況にも、色々な人たちに感謝ができる。

当たり前ですが人は1人では生きていけなくて、周りの人たちがいて人1人が生きて行くことができています。

だからこそ本来誰一人例外なく自分の目には見えていない人たちの力があってその人の今があるので感謝しかないはずなんです。

でも自分自身で経験して身をもって知らないことには感謝できないんです。

経験に良いも悪いもなく、何事も経験することに意味があります。

だから子どもたちにはとにかく色々な経験を積み上げていって何事にも感謝ができる人になってほしいです。

そして話は変わりますが、今日バジャドリードがスペインリーグ1部昇格を決めました!

バジャドリードととは2018年から仕事をし始めました。

元ブラジル代表のジュリオバプチスタが監督を務めるサテライトに当時アンダー世代の日本代表だった18歳の選手など数名をサテライトに連れて行き練習参加させたり、徐々に関係を築き、今では会長のロナウドや会長補佐のダビなど経営陣とも仲良くさせてもらってます。

昨シーズンまさかの2部落ちになった時にロナウド、ダビとwhatappで話していたときに必ず1年で戻るという言葉を今でも忘れません。

2部に落ちたチームとプロジェクトを進めることに1ミリも迷いがなかったのはそこにいた人間の覚悟や力を知っていたから。

おそらく選手としてのロナウドの凄さは知っている人は多いと思うのですが会長としてどれだけ力があるかはわかっていないと思います。

ピッチを離れた今でもサッカー界においての力は世界トップです。

世界中の会長の中でも本当にトップだと思います。

まだ会長としては経験が浅く、まだまだ若いのですが数年後には世界のトップにいる存在です。

来シーズンではなく、もう少し先のロナウド率いるバジャドリードはもっと面白いことになります。

今日のバジャドリードの1部昇格に刺激をもらいました。

負けてられないですね!!

コツコツやっていこう!!!

片山堅仁/Katayama Kento

片山堅仁/Katayama Kento

スペイン在住のサッカー専門のコーディネーターです。 年間約100名を越える選手のサポートをする為、スペインだけでなく欧州の様々な国のクラブに足を運び、選手のサポートを行っています。 過去サポートした選手は1000名以上。

関連記事

TOP