すべては今日に繋がる

結果が出れば過去の挫折も美化されるけど、結果を出せなければ見向きもされない世界。

今日の日本は誰もが浅野選手のゴールに感動したんじゃないかと思います。

浅野選手は今日4年前のロシアw杯にメンバーに選ばれずスタジアムのスタンドで帯同メンバーとして観戦していた悔しさを晴らした。

でも4年前の悔しさも今大会のw杯のために4年間ブラさずに積み上げてきたことも本人にしかわからない。

実際4年間もやり続けられるくらい達成したい目標があるというのは幸せだと思うし、悔しい想いが人を強くするんだなと感じました。

サッカーだけではない話ですが報われない努力もたくさんある中で日本代表に関わる様々なな人たちの積み上げた努力が結果として報われたことがほんとに良かった。

そして、何よりサッカーは結果の世界だなと思いました。

もし今日負けていたら浅野はだめだとか、権田じゃない方がいいとか森保の采配が悪いと言われていたわけで、そうゆう表裏一体のプレッシャーの中で1試合1試合真剣勝負している中でこの大舞台で結果が出た時の気持ちは本人にしかわからない。

1日1日の積み上げが未来の自分を作ると信じてやり続けるのみ。

片山堅仁/Katayama Kento

片山堅仁/Katayama Kento

スペイン在住のサッカー専門のコーディネーターです。 年間約100名を越える選手のサポートをする為、スペインだけでなく欧州の様々な国のクラブに足を運び、選手のサポートを行っています。 過去サポートした選手は1000名以上。

関連記事

TOP