チャンスの掴み方

可能性をより高める環境

Buenas!!

先日、夕食を食べているとある人物から電話がありました。

それはレアルマドリードのサテライト以下のカテゴリのボスとも呼べるマヌでした。

彼は簡単に言うとサテライト以下の育成のフロンティーノペレス会長です。

内容は非常に有難い話でした。

しかし、この話が来る可能性があることは最初から理解した上で選手をクラブに入れていました。

僕らはクラブがどうゆう構図で成り立ってるというのを理解しておく必要があります。

誰がスポーツディレクターで、スカウトのボスは誰で誰から誰に話を通す必要があるなどを知っているかが重要なんです。

全ての場所にチャンスがあると言いたいですがチャンスが確実にある場所とチャンスが少ない場所というのは実際に存在します。

同じ努力も繋がっている環境ですることで選手の可能性をより高めることができるのでそこにこだわっていきます。

また昨年同様、今年もマヌには12月の大会ではお世話になります。

片山堅仁/Katayama Kento

片山堅仁/Katayama Kento

スペイン在住のサッカー専門のコーディネーターです。 年間約100名を越える選手のサポートをする為、スペインだけでなく欧州の様々な国のクラブに足を運び、選手のサポートを行っています。 過去サポートした選手は1000名以上。

関連記事

TOP