サッカーの力

謙虚であれ

Buenasss!!!

昨日はバジャドリードにいるときに聞いて衝撃を受けたロナウド会長のお買い物の件が世間に発表されてたことを知りました。

正直今回バジャドリードで会える予定だったのでいないことを知った時は残念でしたが先日発表されたブラジルのクルゼイロの買収の理由を聞いてさすがFENOMENO(怪物)だなと感心してました。

自分がプロデビューしたお世話になったクラブへの恩返しでクラブを買収しクラブの再建を図るためという理由がやはり偉大ですね。

彼は自分を育ててくれたクラブに恩を返すのは当然のことだと言っていましたが選手として成功して富も名誉も手に入れた選手が全員が全員お世話になったクラブに恩を返しているかというとそうではないのでやはりこういう謙虚な気持ちを持った人間であることはどんな実績よりも偉大なことだと思います。

やはりどうせ関わるのであれば人としてBIGな人がいるクラブと仕事がしたいし、サポートする選手も謙虚な気持ちを持った気持ちの良い選手が良いです。

どこのクラブでもいいわけではないし、誰でもいいわけではないんです。

やはり1番は人間性だと思うんです。

最後は心で人は動かされると思うんです。

今日は先月までReal madrid femenino の監督だったdavidと会ってきましたがBuen tio(ナイスガイ)でとにかく謙虚な人間なので何度会っても毎回楽しい時間を過ごせます。

レアルマドリードのエンブレムの重みは他のクラブとは全く異なる。特別なものだと言っていました。

引き分けは負けと同じ意味なんだ。レアルマドリードは勝ち以外許されないんだよ。

尋常じゃないプレッシャーの中で戦っているのは選手だけではなく監督もスタッフも全員同じなんですね。

将来おれはレアルマドリードのエンブレムを背負ってサンティアゴベルナベウでプレーするんだという選手がいるのであれば、それ相応の覚悟を持ってないと重圧に潰されてしまうのでしっかりとメンタル面も含めてよーく準備しておくことをお勧めします。

片山堅仁/Katayama Kento

片山堅仁/Katayama Kento

スペイン在住のサッカー専門のコーディネーターです。 年間約100名を越える選手のサポートをする為、スペインだけでなく欧州の様々な国のクラブに足を運び、選手のサポートを行っています。 過去サポートした選手は1000名以上。

関連記事

TOP